自然と人と手仕事と


 

 

なみなみとたゆたう水辺、

燦燦とふりそそぐ陽の光、

そして水面をそよぐ心地よい風。

 

カンボジアのカゴバッグブランド、パヴァナサラの工房はそんな豊かな自然に恵まれたカンボジアの湖のほとりで2018年4月に産声を上げました。

 

村人たちは漁をし、水草を刈ってハンモックやござなどを作り生計を立てて暮らしています。

 

 カンボジアにもここ数年、押し寄せる現代社会の発展の波。村人たちはより良い暮らしを求め仕事を変え、都会へ働きに出て行きます。それまでの田舎の暮らしを手放し、手仕事は失われつつあります。現代の先進国において、たくさんの便利なものと引き換えに失ってしまった暮らしは、遠くない未来のカンボジアの姿、といえるのかもしれません。

 

 

 それは、手仕事がキチンと評価され、正しい対価が支払われる上で成り立つもの。

子供たち、お母さん、お父さんそして家族とともに健康でいられる暮らし。

さらには世界にむけて胸を張って誇れる手仕事へと。

そんな暮らしを次の世代へ紡いでいけるように。

 

 

「自然と人が共存し、手仕事を通して人もブランドも成長する。」

 

 

それが私たちパヴァナサラのコンセプト、そして目指す未来です。